「成長企業への投資プロセス Part 6」押谷孫行氏(終了)(Facebook・お客様の声をアップしました)

2019年9月21日(土) 13:00 ~ 15:00

大阪 ふやす(中級)終了

夏休み中の「補講」も終わり、10回シリーズのいよいよ後半戦スタートです。
「補講」では、皆さんから具体的な部分のご質問もお受けし、相当理解が深まったことでしょう。
また、全体感もさらに明確になってきたと思います。
後半では、最終的に参加者の皆さん自身で具体的な企業の分析ができるところまで、ご指導いただくことになっています。
ご期待ください。

押谷孫行 氏

押谷孫行 氏

株式会社ユキ インベストメント 代表取締役

1976年電気通信大学大学院(通信工学専攻)を卒業後、立花証券にてシニア・アナリスト及びストラテジストとして従事。1983年よりFidelity社日本法人でポートフォリオマネージャーとして約9年間海外の年金基金等の日本株ポートフォリオ構築に携わる。1992年に㈱ユキ アセットマネジメントを設立。独自の運用モデル“ユキ・マトリックス”を利用して1996年に㈱ユキ インベストメントを設立し内外機関投資家を対象に日本株ユニバース提供によるアドバイザリー業務をスタート。現在、日本株・アメリカ株・韓国株・台湾株等の顧客様のスペックに合致したユニバースの提供を行っている。

日 程 2019年9月21日(土) 13:00 ~ 15:00
会 場 パリミキ アメリカ村店2Fサロン
住 所 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10番30号 蔵人西心斎橋ビル1階
会場電話番号 0800-5000-968 (クローバーお客様専用通話料無料ダイヤル)
参加費用 無料
定 員 35名
講 師 株式会社ユキ インベストメント 代表取締役 押谷孫行氏

このページを印刷する

申し込み受付終了

  • 上記セミナーでは、クローバー・アセットマネジメント株式会社が設定・運用・販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。
  • 投資信託は、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額が変動し、購入時の価額を下回ることもあります。
  • 投資信託のリスク、コストについては、投資信託説明書(交付目論見書)に記載されています。
  • お申込みの際は、投資信託説明書(交付目論見書)をお読みいただき、ご自身のご判断でお申込み下さい。

投資信託にかかるリスク

投資信託は、値動きのある有価証券等を投資対象とし、基準価額は変動します。したがって、投資家のみなさまの投資元金が保証されているものではなく、
基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なって、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
投資信託をご購入される場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等の内容を十分に確認のうえ、ご自身でご判断ください。

お電話でのお問い合わせ

お客様専用
無料通話

0800-5000-968

平日 9 :00~17:00 定休日:土日祝・年末年始