投資先企業を通してお伝えする「日本企業の魅力」 リチャード・ケイ氏     +特別プチ講座「金融緩和相場の終焉」多根幹雄(終了しました)

2018年2月17日(土) 13:00 ~ 15:20(交流会終了予定) 

img

「日本の中小型株は宝の山だ!」とおっしゃるコムジェスト リチャード・ケイさんのほぼ一年ぶりの登壇です。昨年後半よりやっと世界の投資家から注目を集めるようになった感のある日本株ですが、もちろん今後も日本株全体ではなくもっと厳しい選別の目にさらされることになります。皆様にもたっぷり勉強していただき、理解を深めていただきたいと思います。

リチャード・ケイ氏(Richard Kaye)

コムジェスト・アセットマネジメント株式会社 アナリスト兼ポートフォリオアドバイザー

1971年 イギリス生まれ
1994年 Oxford University卒業 Oriental Studies専攻 日本興業銀行入行 アナリストとして日本のハイテク株を担当
1996年 メリル・リンチに移籍 同じくハイテク関連株のアナリスト業務に従事
2005年 ウェリントン・マネジメント・カンパニーに移籍 日本株のテクノロジー・メディア・通信担当のポートフォリオ・マネージャーとして日本株運用に従事
2009年 コムジェストに移籍 Chantana Wardと共に日本株チームのコアマネージャーとなる。
英語、仏語、ギリシア語、日本語を話す。趣味は語源研究。3児の父。

講師画像

多根幹雄

代表取締役社長

スイス、ジュネーブに1999年から9年間駐在し、グループ企業の資金運用を担当してきました。その間、多くのブライベートバンクやファミリーオフィスからの情報により、世界18カ国100を超えるファンドマネージャーを訪問。実際投資を行う中で、良いファンドを見極める選択眼を磨くことが出来ました。また当時築いたスイスでのネットワークが現在の運用に大いに役立っています。
また、大手のメガネ専門店チェーンの役員として実際の企業の盛衰も経験し、どんな時に組織が良くなり、また悪くなるかを身をもって体験しました。そこから、どんな企業やファンドにも旬や寿命があるというのが持論です。その為、常に新しいファンドを発掘し、旬のファンドに入れ替えを行うことで、長期で高いパフォーマンスを目指しています。

【 日 程 】 2018年2月17日(土) 13:00 ~ 15:20(交流会終了予定) 
【 会 場 】 パリミキ アメリカ村店2Fサロン
【 住 所 】 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10番30号 蔵人西心斎橋ビル1階
【会場電話番号】 0800-5000-968 (クローバーお客様専用通話料無料ダイヤル)
【参加費用】 無料(交流会参加の場合は1,000円)
【 定 員 】 40名
【 講 師 】 コムジェスト・アセットマネジメント株式会社 アナリスト兼ポートフォリオアドバイザー リチャード・ケイ氏(Richard Kaye)

このページを印刷する

  • 上記セミナーでは、クローバー・アセットマネジメント株式会社が設定・運用・販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。
  • 投資信託は、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額が変動し、購入時の価額を下回ることもあります。
  • 投資信託のリスク、コストについては、投資信託説明書(交付目論見書)に記載されています。
  • お申込みの際は、投資信託説明書(交付目論見書)をお読みいただき、ご自身のご判断でお申込み下さい。