長期投資の本領

2014年08月08日

家内と娘はずっとさわかみ投信を買っているのですが、どうしてそこまで長期投資に傾倒しているのか、今日は、そ20140808_澤上セミナー4.jpgの秘密を知りたくてやって来たのですが‐‐‐。」

8月8日ミキシムギンザでのセミナー開始早々の質問タイム。この質問が出るや否や、講師の澤上篤人会長に火がついた。

「過去100年の間に2度の世界大戦、大恐慌、石油ショック、ブラックマンデー、ITバブル崩壊、同時多発テロ、アジア通貨危機、ロシア危機、等々、その度に世界経済は終わりだと騒がれた。しかしその間、世界経済は年平均4パーセントの成長をしている。その成長を支えているのが、人口増と、より豊かな生活を求めてやまない人々の欲望。現在71億人の人口が2050年には96億人に。その中で豊かな人々が17億人から30億人に増える‐‐‐。」

――と、いつもの澤上節が炸裂。おなじみの内容だが、圧倒的な迫力に、参加者も大満足でした。

ちなみに、我が日本の推移を見てみると、日本の日経平均が最高値の38,915円をつけた1989年の名目GDP416兆円(実質で402兆円)、その後1997年をピークに減少に転じるも、昨年2013年で478兆円(実質で525兆円)と、バブル期のピークを上回っている。その間、バブル崩壊、山一破綻、ITバブル崩壊、リーマンショック、3.11等々、失われた20年と言われて、少子高齢化に苦しんでいる日本経済でもこうだから、世界経済が成長しないわけがない。20140808_澤上セミナー5.jpg

セミナー後の交流会も、固定種の野菜の手料理に、手作りパン。ワインも6本も平らげ、予定時間も大幅に延長。いつもに増して大盛況のセミナーでした。20140808_澤上セミナー6.jpg

多根幹雄
執筆者
多根幹雄
クローバー・アセットマネジメント株式会社
代表取締役社長 運用統括責任者
スイス、ジュネーブに1999年から9年間駐在し、グループ企業の資金運用を担当してきました。その間、多くのブライベートバンクやファミリーオフィスからの情報により、世界18カ国100を超えるファンドマネージャーを訪問。実際投資を行う中で、良いファンドを見極める選択眼を磨くことが出来ました。また当時築いたスイスでのネットワークが現在の運用に大いに役立っています。また、大手のメガネ専門店チェーンの役員として実際の企業の盛衰も経験し、どんな時に組織が良くなり、また悪くなるかを身をもって体験しました。そこから、どんな企業やファンドにも旬や寿命があるというのが持論です。その為、常に新しいファンドを発掘し、旬のファンドに入れ替えを行うことで、長期で高いパフォーマンスを目指しています。

運用体制紹介著書

新着記事
資産運用・投資セミナーを開催しております

投資信託にかかるリスク

投資信託は、値動きのある有価証券等を投資対象とし、基準価額は変動します。したがって、投資家のみなさまの投資元金が保証されているものではなく、
基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なって、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
投資信託をご購入される場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等の内容を十分に確認のうえ、ご自身でご判断ください。

お電話でのお問い合わせ

お客様専用
無料通話

0800-5000-968

平日 9 :00~17:00 定休日:土日祝・年末年始