バフェットのABC

2015年03月11日

 20150311_平山さん_1.png先週末の大阪セミナーに引き続いて、今回は東京銀座で東京海上アセットマネジメントの平山賢一さんにご登壇いただいた。

 中央銀行も、新興国も足並みがバラバラの世界。このような時期はマーケットに急激な変動が起こる可能性があるそうだ。心電図の波形のように急にゲリラ豪雨的な変化が現れ、マーケットが大混乱することも。かつて1987年のブラックマンデー、1992年のポンド危機がそうだったらしい。

 そんな時の投資先は安心できるモノを選ばないといけない。例えばかつてのマルク。でも今は存在しない。金は金利が下がった時には可能性も。ただ一番なのは、変化に対応でき、永続的に利益を生む企業への投資。

  しかし、過去に継続的に成長して利益を生んでいる企業だからといって安心してはいけない。そんな企業の選別に有効なのがウォーレン・バフェットのABCだ。
 彼は投資してはいけない企業の特徴として、次の三つをあげている。
A-RROGANCE (傲慢であること)
B-EAUROCRACY (官僚的であること)
C-OMPLACENCY (現状に満足してしまっていること)
 それぞれ、安定成長をして来た企業だからこそ陥りがちなABCだ。この辺りをしっかり見極めて、長期に応援できる企業を選抜したいものだ。

   平山さんの御講演に続いて、当日は3月11日だったので、私から南三陸町に訪問した際のお話を披露させてもらった。2011年の秋に南三陸町を訪問した際、ガイドをして下さった後藤一磨さんの言葉が忘れられない。意外にも「津波は悪いことばかりでなかった。」と。津波がおこるまでは、それぞれが自らの欲を追求し、個々のお金や豊かさを求めて生活しており、そのため皆の気持ちもバラバラだった。津波で家も財産も全て失ったが、そのことが絆や仲間の大事さを思い出させてくれた。家族いる、親しい友人と仲良くしているという状況があれば、幸せになれることを経験できたと。20150311_笑顔.png

   投資運用をしていると、上手く行ったら行ったで「もっともっと」欲が出てくるもの。自分の欲のままに突き進むと、だんだん人相も悪くなり、結局、幸せにもなれないことも。そんな時、経済的自立を達成した後の「カッコイイお金の使い方」をイメージしながら長期運用することが大事だ。我々もセミナーの『いかす』バージョンに力を入れながら、「皆に良く」て、「時間の経過と共に良くなる」お金の活かし方を勉強していきたい。是非皆様もご参加ください。

多根幹雄
執筆者
多根幹雄
クローバー・アセットマネジメント株式会社
代表取締役社長 運用統括責任者
スイス、ジュネーブに1999年から9年間駐在し、グループ企業の資金運用を担当してきました。その間、多くのブライベートバンクやファミリーオフィスからの情報により、世界18カ国100を超えるファンドマネージャーを訪問。実際投資を行う中で、良いファンドを見極める選択眼を磨くことが出来ました。また当時築いたスイスでのネットワークが現在の運用に大いに役立っています。また、大手のメガネ専門店チェーンの役員として実際の企業の盛衰も経験し、どんな時に組織が良くなり、また悪くなるかを身をもって体験しました。そこから、どんな企業やファンドにも旬や寿命があるというのが持論です。その為、常に新しいファンドを発掘し、旬のファンドに入れ替えを行うことで、長期で高いパフォーマンスを目指しています。

運用体制紹介著書

新着記事
資産運用・投資セミナーを開催しております

投資信託にかかるリスク

投資信託は、値動きのある有価証券等を投資対象とし、基準価額は変動します。したがって、投資家のみなさまの投資元金が保証されているものではなく、
基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なって、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
投資信託をご購入される場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等の内容を十分に確認のうえ、ご自身でご判断ください。

お電話でのお問い合わせ

お客様専用
無料通話

0800-5000-968

平日 9 :00~17:00 定休日:土日祝・年末年始