投資バカ一代

2015年11月13日

fujino.png今回は久々登場の藤野さん。今回は、まるでピアノの弾き語りのように、ご自身の投資に関わる半生についてじっくり聴かせる内容でした。

 

元々検事志望の藤野さんが、2年間の社会勉強のつもりで選んだのが野村投資顧問(現 野村アセットマネジメント)。性格不適格の烙印を押され、配属された先が、中小企業株運用担当のアシスタント。まるでヤクザのように見えた創業オーナー達。しかし、そのヤクザが何百億の大資産家になり、そして実社会で腹をくくって逞しく生きている、その本物の生き様に魅了され、いつしか藤野さんにとって憧れのヒーローに。

 

今でこそ850億円の運用資産と、12万を超えるお客様を持つ日本を代表する独立系ファンド率いる、超売れっ子の藤野さんですが、独立当初は運用資産がわずか15000万円と69人のお客様からのスタートだったこと。ある師走のセミナー会場では、わずか3人のお客様しか集まらなかったことなどなど、サビもしっかり効かせた内容に、聞いているお客様も思わず引き込まれます。

 

企業というのは、売上や、利益や、株価では無く、人間たちの生き様であることを知り、自らも創業で苦労した藤野さんだからこそ良い運用ができるのですね。

 

良い経営者も、良いファンドマネージャーも共通しているのは、「バカ」なくらい自分の仕事が好きなこと。これからもじっくり世界中から貴重な「投資バカ」を選んで、しっかり長期で投資していきたいと、決意を新たにしたセミナーでした。

 

 

多根幹雄
執筆者
多根幹雄
クローバー・アセットマネジメント株式会社
代表取締役社長 運用統括責任者
スイス、ジュネーブに1999年から9年間駐在し、グループ企業の資金運用を担当してきました。その間、多くのブライベートバンクやファミリーオフィスからの情報により、世界18カ国100を超えるファンドマネージャーを訪問。実際投資を行う中で、良いファンドを見極める選択眼を磨くことが出来ました。また当時築いたスイスでのネットワークが現在の運用に大いに役立っています。また、大手のメガネ専門店チェーンの役員として実際の企業の盛衰も経験し、どんな時に組織が良くなり、また悪くなるかを身をもって体験しました。そこから、どんな企業やファンドにも旬や寿命があるというのが持論です。その為、常に新しいファンドを発掘し、旬のファンドに入れ替えを行うことで、長期で高いパフォーマンスを目指しています。

運用体制紹介著書

新着記事
資産運用・投資セミナーを開催しております

投資信託にかかるリスク

投資信託は、値動きのある有価証券等を投資対象とし、基準価額は変動します。したがって、投資家のみなさまの投資元金が保証されているものではなく、
基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
投資信託は、預金等や保険契約とは異なって、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
投資信託をご購入される場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等の内容を十分に確認のうえ、ご自身でご判断ください。

お電話でのお問い合わせ

お客様専用
無料通話

0800-5000-968

平日 9 :00~17:00 定休日:土日祝・年末年始