クローバー5つの約束

2018年1月15日(月)

皆様新しい年をどのようにお迎えでしょうか。昨年の世界の金融市場は大きな変動もなく穏やかに上昇し、日経平均でも19%もアップするなど、平穏な年となりました。お陰さまでクローバーとしてもコドモファンドの32%を筆頭に、好結果を収めることが出来ました。これも皆様の応援とご支援のおかげと心より感謝申し上げます。私どもクローバー・アセットマネジメントは、「世界で一番お客様を幸せにするファンドでありたい」を合言葉に、これまでも私どもの考えや他に無い特徴をお伝えしてまいりましたが、新しい年の初めにあたり、新たに「クローバー5つの約束」として私どもの思いをまとめ、ここに皆様に宣言させていただきます。

1.自分たちが一番良いと思うものをお客様に提供します

当社のファンドは自分たちだったらどんなファンドがほしいかという視点でつくられているもので、手数料収入を目的としているファンドとは一線を画するものです。常に自分たちで一番良いと思うものを選択し、お客様と共有させていただければと思っています。

2.長期で最高の運用成果を追求します

私どもが組み入れているどんなファンドにも必ず「旬」があります。そこで、世界のプライベートバンクやファミリーオフィスと連携しながら、常に新しく優秀なファンドを発掘してまいります。そして、その時々の投資環境に合わせた、ベストなファンド・オブ・ファンズに組み替え続けることで、長期で最高の運用成果を実現できるよう努力してまいります。

3.納得の行く費用体系を目指します

長期投資において優位なパフォーマンスを上げるにはコストも重要な要素となります。現在売買手数料は全て無料になっておりますが、信託報酬についても、運用のクオリティを優先しながらよりお客様に有利な水準に低減できるよう、経営努力を続けてまいります。

4.お客様との信頼関係を大切にします

本当に優れた運用は、運用側だけではなく、お客様との長期の信頼関係のもと、お客様と一緒に行うことで達成されます。特に大規模な市場の調整局面でも、信頼して弊社に追加投資してくださるお客様との強い信頼づくりを重視しています。この実現のためセミナーでは交流会を設け、リラックスした環境で直接意見交換できる場を大事にしています。さらに、お客様専用通話料無料ダイヤルを設け、お客様のご不明点には直接丁寧にお答えする体制を整えるなど、今後もお客様お一人おひとりとの対話を重視してまいります。

5.お客様とリスクを共有します

世界的には、運用者も資産の多くを自らのファンドに投資しているファンドしか信用されません。私どもクローバーのスタッフも、お客様と同じ条件でファンドの顧客となることで、リスクを共有し、お客様と同じ目線で、運用成果の追求や、コストの削減を自らのこととして追求してまいります。当社のファンドの中には、グループ企業やその従業員も主要な顧客となっているものもあり、これも私どもの大きな特徴となっています。

以上の「5つの約束」の実行はもちろんのこと、今まで以上にファンドやセミナーなども「時間とともに良くなる」を目指してどんどん進化させていきたいと思っております。2018年が皆様にとって益々素晴らしい年でありますように。本年もよろしくお願いいたします。              

多根 幹雄

1月 月次レポートより