どうなる?「総括的検証」後の金融市場!

2016年10月 1日(土)

今日は今年に入って三つのE(円、エマージング、エネルギー)の高騰を全て当てるなど、運用も絶好調の平山さんのご登壇。最近何かと話題になった日銀の「総括的検証」について、明快な解説を頂きました。

「総括的検証」とはいったい何か?要するに「赤点を取った生徒が反省文を書かされるようなもの」だそうです。

hirayama_20161001.jpg

銀行界からの相当なプレッシャーもあり、マイナス金利の推進は封じ込まれ、今後は金利が動かなくなる事態に。

そうなるとどうなるか?お金は「プラスリターン」のものに流れるようになります。

そこで俄然注目されるのが、日本のヴィンテージ株。ヴィンテージ株とは「安定的に増益が続き、配当も落ちない企業」の株式。すでに目先の早い投資家はここ2,3年先回りしており、なかなか良い企業は株価が下がらないようです。しかも、安倍政権の財政出動の強化、日銀による毎年6兆円の日本株のETF買いは続きます。一方同じ株式でも、ヨーロッパはドイチェ銀行の問題、アメリカはどちらが勝っても「?」な大統領選があり、結構ヤバイ状況。

さて、平山さんのみごと4連勝なるか?これからの日本株式市場から目が離せませんね。



多根幹雄