企業統治の変化と日本の企業の行方

2016年5月13日(金)

20160513_糸島さん.jpg将来日経平均3万円超えと超強気の糸島さん。その最大の根拠が企業統治の変化だ。

最近話題になったセブンアイホールディングスのお家騒動もその変化の表れだという。

ホールディングスの鈴木社長が最高益更新を続ける子会社セブンイレブンの社長を更迭しようとしたことに対して、社外取締役及び外資の株主が噛み付いた。それだけ業績にシビアになってることの反映というわけだ。

社外取締役を2名以上にしなければいけない効果が徐々に現れつつある。仲良しクラブではもはや成立しない。実力のない社長は追い出される運命なのだ。

とは言っても、だめな社長に代わる優秀な経営者が日本にはいないのではないかという質問があった。

これに対する糸島さんの答えが面白い。アメリカの企業経営者が90点だとすると10点伸ばして100点にするはなかなか難しい。しかし日本の企業経営者はせいぜい10点から20点の実力。これを10から30点伸ばすのはそんなに難しいことではない。確かにそうかもしれない。それだけ日本の経営がひどいということなのだろう。

公開企業の役員をやっている立場からすると、企業統治の変化を待つまでもなく、まともな経営をやらないと存続すら難しい時代になってきている。いずれにしても、今後の日本の企業の変化が楽しみだ。