変動期の資産運用

2016年2月 6日(土)

0206_hirayama.pngフィレンツェで美味しいワインをしっかり飲んで来たせいか、絶好調の平山さん、マイナス金利で右往左往する我々をしっかり正しい道に導いてくれました。

ポイントは確固たる原点に、という事で話は遥か金融の開祖であるフィレンツェのメディチ家へまで遡ります。

メディチ家の創業者ジョバンニは子孫に二つの戒めの言葉を残したそうです。それは「身のほどをわきまえろ」と「政府に深入りするな」。

日銀が慌てて繰り出した「マイナス金利」も、その後日銀や政府の足並みにほころびが見られる中、もはや政府に相場の操作を期待するのは愚の骨頂。こんな時は、インデックスファンドを買い漁るのではなく、しっかり自力で利益成長できる企業を厳選する時と力強いお言葉。今こそ長期投資家の真価が問われる時だということを再確認できた、良いセミナーでした。


多根幹雄